桜新町せきぐち眼科
一般眼科
白内障
緑内障
斜視
糖尿病・高血圧に伴う網膜症の診断・治療
小児眼科
眼鏡処方・コンタクトレンズ
携帯サイトはこちらから
患者の気持ち

斜視とは?

斜視には大別すると内側に向く「内斜視」と外側に向く「外斜視」の2種類があります。
更に「内斜視」の中でも「乳児内斜視」という生後6ヶ月までに起こる斜視と「調節性内斜視」という強い遠視のために起こる斜視があります。

乳児内斜視
原則的に手術が必要になりますが、成長と共に自然治癒する場合もあります。
調節性内斜視
基本的に眼鏡やコンタクトレンズでの矯正治療を行います。
それでも斜視が残る場合には手術を行います。
外斜視については「間欠性外斜視」「恒常性外斜視」「麻痺性斜視」「偽斜視」があります。
間欠性外斜視
普段は正常ですが疲れた時などに斜視状態になります。
斜視の中でも比較的多い種類です。
恒常性外斜視
恒常性外斜視は真っすぐになる事が無い外斜視です。
麻痺性斜視
目を動かす筋肉や神経の異常が原因となる斜視です。
偽斜視
斜視の様に見えますが実際は斜視でないタイプです。

斜視の治療について

眼鏡やコンタクトレンズによる矯正治療か手術が必要となるかは、綿密な検査や診断にて判断の上治療を進めます。
尚、手術を行う場合、成人の方は局所麻酔による日帰り手術が可能です。
乳幼児や小学生は、連携医療機関(帝京大学病院など)で全身麻酔による手術を行います。


ページのトップへ