桜新町せきぐち眼科
一般眼科
白内障
緑内障
斜視
糖尿病・高血圧に伴う網膜症の診断・治療
小児眼科
眼鏡処方・コンタクトレンズ
携帯サイトはこちらから
患者の気持ち

院内紹介

入口

【入口】

受付

【受付】

待合スペース

【待合スペース】

診察室

【診察室】

オペ室

【オペ室】

回復室

【回復室】

検査室

【検査室】

オリジナル時計

【オリジナル時計】

当院ビル外観

【当院ビル外観】

目印の看板

【目印の看板】



医療機器のご紹介

眼科手術用顕微鏡システム

眼科手術用顕微鏡システム


ライカ社製のこの機器は、低照度でも明るく鮮明で自然な観察像を見ることが出来る最高水準の光学系に、タッチパネルを用い操作の向上を追及した、手術用顕微鏡システムです。
この為、より円滑に手術を行うことが可能です。


超音波白内障手術装置

超音波白内障手術装置


白内障手術の時、濁りが強く硬くなった水晶体を超音波を用いて破砕、吸引する器械です。
小さな切開から安全に効率よく手術することが可能であるため 手術後、早期回復が期待できます。


光干渉断層計(OCT)

眼科一般


通常の眼底カメラと異なり、OCTでは網膜の断面を拡大して撮影したり、網膜の厚さを正確に測定でき、表面上での判断が難しい浮腫や神経線維の減少等の網膜の異常が確認できます。
緑内障や糖尿病網膜症といった失明に至る可能性の高い疾患の早期発見が可能なため、より適切な診断・治療が可能です。


ハンフリー自動視野計

眼科一般


片眼平均5分程という短時間で、緑内障全般にわたる高精度な検査が可能です。


眼軸長測定装置

眼科一般


白内障手術では個々に違う患者様ごとの眼内レンズが必要となります。
当院では、光干渉波だけでなく従来の超音波を用いた検査の結果も取り入れる事が可能な医療機器を備えております。


レーザー装置

眼科一般


糖尿病などに伴う眼底出血や網膜剥離の治療など用途のある眼科治療用レーザー装置です。


ページのトップへ