桜新町せきぐち眼科

遠近両用レンズの白内障手術

遠近両用レンズの白内障手術

現在、老眼と白内障の画期的な治療法として注目されているものに遠近両用眼内レンズがあります。
通常、白内障手術で使用されている眼内レンズは単焦点眼内レンズというもので、遠近のどちらか一つの距離に合わせたレンズとなります。
白内障手術を行うと、濁りがなくなり、視野が開け明るく見やすくなります。
しかしながら一つの距離にしか焦点が合わないため、単眼レンズの属性(遠近どちらか)によって見え難くなるというデメリットがあります。
遠近両用眼内レンズによる白内障手術は、まさにそのデメリットを解消した、遠くも近くも見える治療法です。
また、従来の白内障治療では実現できなかった老眼治療にも対応しております。


遠近両用眼内レンズについて

遠近両用眼内レンズには大きく分けて2種類あります。
レンズ光学部が遠用と近用度数が交互に並んでいる屈折型レンズと、回析現象により、入射光を遠用と近用に配分する回析型レンズです。
患者様のご要望より、どちらのレンズを入れるかご選択頂けます。

遠近両用眼内レンズのメリット・デメリット

遠近両用眼内レンズでの白内障手術の場合、単焦点眼内レンズの様に術後遠近どちらか一方の距離しか選べず、もう一方の距離を見るために必然的に眼鏡が必要となります。
しかし、遠近両用眼内レンズの場合その必要が無く、裸眼で過ごせるというメリットがあります。
反面、通常の(単焦点眼内レンズ手術)に比べ費用が高い点がデメリットと言えます。

当院では患者様のご要望を最大限に尊重した手術のご提案を致します。


ページのトップへ