桜新町せきぐち眼科
一般眼科
白内障
緑内障
斜視
糖尿病・高血圧に伴う網膜症の診断・治療
小児眼科
眼鏡処方・コンタクトレンズ
携帯サイトはこちらから
患者の気持ち

お子様からご高齢の方まで幅広い年代の「眼のかかりつけ医」を目指します。

お子様からご高齢の方まで幅広い年代の「眼のかかりつけ医」を目指します。

ちょっとした目の違和感や異常があった場合、特に早期の診断・検査・治療が大切です。
どんな些細な事でもご相談いただける、老若男女、地域皆様の頼れるかかりつけ医として尽力致します。


日本眼科学会眼科専門医による診療

臨床経験豊富な2名の日本眼科学会眼科専門医による診療を行います。

最新の眼科医療をご提供します。

オペ室

オペ室

眼科手術用顕微鏡システム

眼科手術用顕微鏡システム

超音波白内障手術装置

超音波白内障手術装置


当院は、一般の眼科診療はもちろんのこと、白内障や斜視などの手術に対応可能な環境・設備を備えております。

白内障手術(遠近両用眼内レンズ)

現在、老眼と白内障の画期的な治療法として注目されているのが遠近両用眼内レンズがあります。
通常、白内障手術で使用されている眼内レンズは単焦点眼内レンズというもので、遠近のどちらか一つの距離に合わせたレンズとなります。
白内障手術を行うと、濁りがなくなり、視野が開け明るく見やすくなります。
しかしながら一つの距離にしか焦点が合わないため、単眼レンズの属性(遠近どちらか)によって見え難くなるというデメリットがあります。
遠近両用眼内レンズによる白内障手術はまさにそのデメリットを解消した遠くも近くも見える治療法です。
また、従来の白内障治療では実現できなかった老眼治療にも対応しております。

斜視手術

斜視とは両眼の視線が正しく見る目標に向かわないものをいいます。
片方は目標に対し正しい方向を向いているのに、他の目が内側や外側、あるいは上下に向いている状態です。
当院では精密検査を行い適切な診断・治療を行います。
尚、手術を行う場合、成人の方は局所麻酔による日帰り手術が可能です。
乳幼児や小学生は、連携医療機関(帝京大学病院)にて全身麻酔による手術も行います。

光干渉断層計(OCT)の導入

当院では、網膜構造を精密に検査することが可能な光干渉断層計(OCT)を導入しております。
通常の眼底カメラと異なり、OCTでは網膜の断面を拡大して撮影したり、網膜の厚さを正確に測定でき、表面上での判断が難しい浮腫や神経線維の減少等の網膜の異常が確認できます。
緑内障や糖尿病網膜症といった失明に至る可能性の高い疾患の早期発見が可能なため、より適切な診断・治療が可能です。

ご来院の方への配慮

ベビーカーや車椅子でお越しの患者様やお付添の方のため、院内は段差の無いバリアフリー設計としております。


ページのトップへ